2018年2月10日土曜日

守屋純子オーケストラ@渋谷さくらホール





写真は以前のコンサートのものです。





2018年2月9日、守屋純子オーケストラ@渋谷さくらホールを聴いてきました。
メンバーは、
ピアノ・作曲・アレンジ:守屋純子
トランペット:エリック宮城、木幡光邦、奥村晶、岡崎好朗
トロンボーン:佐野 聡、佐藤春樹、東條あづさ、山城純子(b-tb)
サックス:近藤和彦(as)、緑川英徳(as)、岡崎正典(ts)、吉本章紘(ts)、岩持芳宏(bs)
ベース:納浩一
ドラムス:広瀬潤次

コンサートの第1部は、ジャズレコード録音100周年を記念して、過去のジャズレジェンズをトリビュートした作品達です。
1.JAZZ ME BLUES (TOM DELANEY) 
オリジナルディキシーランドジャズバンドの初録音やビックス・バイダーベックの録音で有名なナンバーですが守屋純子のアレンジはクラシカルな曲をとても自然形でモダンオーケストラナンバーに仕上げています。
木幡光邦(tp)のソロ、岡崎正典のクラリネットが印象的、東條あづさのすてきなスキャットとトロンボーンソロが決まる。
2.DUKE’S MOOD (JUNKO MORIYA)
DUKE ELLINGTONNのビターなオーケストレイションの雰囲気を美事にあらわしたリッチなサウンドが魅力的な曲
佐野聡(tb)、近藤和彦(as)、吉本章紘(ts)のそれぞれ熱いソロ!
3.TRANE’S MODE (JUNKO MORIYA) 新曲
JOHN COLTRANEの至上の愛を意識したと語られましたが、インパルス初期から中期の激情的でありながら美しいサウンドがイメージされる傑作曲
納浩一のベースソロで曲は開始します。ジミー・ギャリソンのあの強く硬質なベースを想起させるサウンドで納浩一の超絶技巧のソロが繰り広げられ、続いてアンサンブルがあの最強カルテットをイメージさせるサウンドをくり広げ、岡崎好朗(tp)と岡崎正典(ts)の岡崎ブラザースが美しく心に突き刺さるようなソロを奏でます。
4.CHARLIE (JUNKO MORIYA) 新曲
CHARLIE PARKERの美しいサウンドに主眼をおいたバラードライクな美しい曲
サックスセクションのみの美しいメロディーで曲は開始し、岩持芳宏(tb)、岡崎正典(ts)、近藤和彦(as)、緑川英徳(as)吉本章紘(ts)がそれぞれのPARKER観を示すようなソロを演奏!!
傑作曲!!
5.CARAVAN (JUAN TIZOL,DUKE ELLINGTON)
ジャズオーケストラサウンドがホールに響き渡る快感!!

第2部は、日本画の巨匠・長谷川等伯にインスパイアされた、今回は4曲からなる長谷川等伯組曲です。
守屋純子による各メンバー紹介が終わると、ハッピーバースデイが吹奏されました。何と木幡光邦さんの誕生日だったのでした。ケーキを贈られ満面の笑みでした。
1.MAPLE 楓図壁張付 (JUNKO MORIYA)
智積院(前身は祥雲寺)蔵で有名な作品です。元は豊臣秀吉が夭折した愛児・鶴松のために建立した祥雲寺を飾っていた障壁画。ライバルだった狩野永徳が48歳で亡くなったため等伯にチャンスがめぐってきたと言われている。26歳で夭折してしまう長男・長谷川久蔵や長谷川派一門が総力を結集した作品。この作品にはそういった喪失感や悲しみを癒すような永遠性があると感じています。
守屋純子はピアノトリオで演奏します。エレジーのようにも聞こえる美しい作品です。守屋純子のピアノソロが美しい!
2.MONKEYS IN WITHERED TREE 枯木猿猴図 (JUNKO MORIYA) 
明るいリズムのユーモラスな感じの曲で岡崎正典(ts)と奥村晶(tp)のソロも美事です。
3.TIGER &  DRAGON 竜虎図  (JUNKO MORIYA) 新曲
竜虎図というモチーフからはダイナミックな作品かと思ったらこれが美しい曲で、岡崎好朗(tp)と緑川英徳(as)の静謐で緊張感溢れるソロが印象的でした。
4.PINE TREE 松林図屏風 (JUNKO MORIYA) 新曲
誰もが知っている日本絵画史上最高作の一つ(私見では、もう一つは雪舟の山水長巻)、苦労をともにしてきた妻、長命であれば等伯を超えたであろう26歳で夭折した天才絵師の長男・久蔵と、家族に先立たれて描いた故郷七尾の松林の風景といわれています。郷愁や哀感、孤独、静謐といった感情が鑑賞するたびにめばえます。
守屋純子の作品は、ホーンセクションのコラールような響きから始まり、じっくりと静かな風景をオーケストラで描ききります。

5.HOUSE OF THE WINNER 表家康公「家康公ジャズ組曲より」(JUNKO MORIYA)
守屋純子のピアノソロをヒューチュアして、ゴージャスなオーケストラサウンドに唸りました。

アンコール
Cavatina.(Stanley Myers)映画『ディア・ハンター』のテーマ曲
有名な美しいメロディーをじっくりオーケストラが紡ぎます。
あっという間の2ステージでしたが、オールスターメンバーによる素晴らしいアンサンブルや手に汗握るソロの応酬が素晴らしかった。
今回強く感じたのは、守屋純子の新作のどれもが、普遍的で素晴らしい作品だったこと。どれもが、明日からスタンダードナンバーになりそうな出来映えで、作曲家守屋純子はやっぱり凄いなと痛感しました。
次のステージや新録音が待ち遠しくなります。


2018年1月25日木曜日

小島のり子(fl)vs坂野尚子(fl)@池袋モンゴメリーランド


2018年1月24日、池袋モンゴメリーランドで小島のり子(fl)坂野尚子(fl)塩川俊彦(gt) 安東昇(b) の2フルートライブを聴いてきました。



ファーストセットは
 Let's Cool One Thelonious Monk作曲
Greensleeves 小島のり子(fl)のアレンジが素晴らしい
In The Wee Small Hours Of The Morning 坂野尚子がアルトフルートを美しく奏でます。



All the things you are 塩川俊彦(gt) をフーチュアし、素晴らしいギターソロから2管のアンサンブルが繰り広げられます。



セカンドセットは
Luiza   Antonio Carlos Jobim作曲 坂野尚子の深い音色のアルトフルートをフーチュア
安東昇(b)のうなり声をあげた魂のこもったベースソロが印象的でした。




Sweet Love Of Mine Woody Shaw 作曲
Have you met Miss Jones ? 小島のり子(fl)をフーチュア



黒いオルフェ
Lady Bird  Tadd Dameron作曲
聴衆の声に応えて、アンコールは
Take The Coltrane
塩川俊彦(gt) のブルース解釈が素晴らしい。



小島のり子(fl)と坂野尚子(fl)の都内初の師弟共演です。
小島のり子(fl)のアレンジの良さでしょうか、アンアサンブルが素晴らしい。
小島のり子(fl)と坂野尚子(fl)のハーモニーの美しさ!




小島のり子(fl)の緊張感にみちた美しいソロ、アップテンポな曲での圧倒的なアタックとスピード感溢れるソロに唸らされます。

坂野尚子(fl)の繊細で透明なソロと鋭くひらめく強烈なソロに目を見張りました。
塩川俊彦(gt) の硬質な美感のソロや目を見張るコードワーク!



安東昇(b)の重厚で推進力溢れるベースワークがしっかりとフロントを支え、美しいベースソロに唸らされました。
フルート2管とは思えない多様な表現をすっかり満喫した一夜になりました。

2018年1月13日土曜日

高橋徹(ds)トリオwith 岡崎正典(ts)、中村健吾(b)@渋谷KOKO

2018年1月12日、高橋徹(ds)トリオwith 岡崎正典(ts)、中村健吾(b)@渋谷KOKOを聴いてきました。


3人の名手による最小限の編成ですが、じっくり名人芸を味わうのには最適な環境でした。


高橋徹(ds)のセンス溢れるドラミング、

岡崎正典(ts)の自信溢れるテナープレイ、


斯界を代表するベーシスト中村健吾(b)の圧巻のリズムと唸るソロを堪能しました。
演奏曲目は、ソニー・ロリンズのナンバーを中心に繰り広げられました。


トリオ編成でソニー・ロリンズのナンバーを演奏するというのはかなりチャレンジングなステージです。



岡崎正典(ts)は、ソニー・ロリンズへの深いリスペクトとともに、緩急自在の素晴らしいソロを繰り広げます。


リーダーの高橋徹(ds)のバッキングにソロにと、いつもながらの硬軟織り交ぜ、びしっと決まる安定した演奏。


中村健吾(b)のぐんぐん音楽を推進させるベースプレイ。
そしてどの曲でも目の覚めるようなソロを繰り広げて思わず唸らされます。

1ステージのナンバーは
Song for Leslie
I'll Remember April
Strode Rode(ソニー・ロリンズ作)
Ask Me Now(セロニアス・モンク作)
The Bridge (ソニー・ロリンズ作)





2ステージは
On green dolphin street
Recordame (Remember Me) (ジョー・ヘンダーソン作)   
The Freedom Suite(ソニー・ロリンズ作)
ソニー・ロリンズの大作であるThe Freedom Suitを取り上げたのは驚きでした。
これが、極めつきの演奏で、圧倒的な高橋徹(ds)のドラムに、中村健吾(b)の強力なベースラインにのって、岡崎正典(ts)の突き抜けたテナー演奏の豪快さ!!
これがトリオの演奏かと思わせられるプレイに圧倒された一夜でした。
また、このグループの演奏を聴きたいと痛感しました。

2017年12月30日土曜日

尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE@Bflat赤坂

2017年12月29日、尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE@Bflat赤坂を聴いてきました。
尾田悟さんが存命中は、20年近くにわたって続けてきた4テナーコンサートを、尾田悟夫人の思いに応えて、三木俊雄(ts)さんや守屋純子(p)さんなど初代メンバーや多くの音楽家、Bflat赤坂の関係者の皆さんのおかげで、今年、尾田悟没後2周年も開催して頂きました。


メンバーは、
三木俊雄(ts), 浜崎航(ts), 吉本章紘(ts), 馬場智章ts), 守屋純子(p), 佐藤慎一(b), 高橋徹(ds).



三木俊雄(ts)は、ご存知、フロントページオーケストラを率いて、バンドリーダー、作編曲家、ソロイストとして、今や日本を代表するテナー奏者、





浜崎航(ts)は、堀秀彰(p)とのグループ「Encounter」や浜崎航meets松本茜(p)trioなどで大活躍中!



吉本章紘(ts)は現在シーンで引っ張りだこで、片倉真由子group、広瀬未来 Group、本川悠平 "3Tenors"、Mamiko Taira Group、大西順子セクステット 等に参加し、大活躍中!



馬場智章ts)は、ニューヨークを拠点に活躍しながら、テレビ朝日系『報道ステーション』のテーマ演奏で話題のJ-SQUAD に参加し、現在シーンで引っ張りだこで、最注目の俊英テナー!!




守屋純子(p)は、ご存知、守屋純子オーケストラを長年にわたり率いて日本を代表するバンドリーダー・作編曲家にして素晴らしいピアニスト、



佐藤慎一(b)は、自己のバンド「leFreak」や小野リサ、守屋純子(p)、大野俊三、森山良子、綾戸智恵などと共演、ジャンルを超えて引っ張りだこのベーシスト、



おなじみのドラマー高橋徹(ds)は、大森明4、山田穣4、上村信4、南青山6丁目楽団、野口久和4のレギュラードラマーとして、中村誠一(ts)、吉岡秀晃(p)の共演者として大活躍中、

ファーストセットは
Crazy Rhythm、
Blue Than Blue
4人のテナーのハーモニーの美しさと力強いユニゾンとソリに唸らされます。
そこに、守屋純子(p)のピアノが全体を引き締め、色彩感を広げます。


佐藤慎一(b)のグループの土台を構築し、ソロではくっきりした音色で美事に歌うベースプレイ!!

高橋徹(ds)のいつもながらのセンスのいいドラミング、ソロではドラムが曲にあわせて歌い唸ります。

三木俊雄(ts)と馬場智章ts)の2テナーで
I Remember April

三木俊雄(ts)のもう完成したかと思わせる深い呼吸の美しいソロに唸らされます。
馬場智章ts)の若さ全開で、力強く、予測不能な展開のソロに驚愕。

浜崎航(ts)と吉本章紘(ts)の2テナーで
黒いオルフェ

浜崎航(ts)は、そのテナー世界を最近一層深めているようで、「Encounter」での圧倒的テクで迫るソロから、深く沈潜する美しいソロまで幅広い表現に圧倒されます。黒いオルフェでの息をのむ緊張感に溢れた美しいソロ!!
吉本章紘(ts)は、黒いオルフェをハードバップに仕上げる見本のような切れ味鋭く唸るテナーソロを披露!!

セカンドセットは
Bernie's Tuneから始まり
Lullaby In Rhythm、

三木俊雄(ts)と吉本章紘(ts)による
Body And Soul
ここでの三木俊雄(ts)と吉本章紘(ts)のそれぞれ個性溢れるバラード演奏には感動しました。


三木俊雄(ts)の感動的なソロは、ここまでくると、バラード演奏は三木俊雄(ts)という音楽家の深い音楽世界につつまれるようで、思わず涙腺が緩んできました。


吉本章紘(ts)の演奏には、モダンテナーのバラード演奏の魅力の総てを見せつけられるようでした。
守屋純子(p)の硬質なリリシズム溢れるピアノソロに息をのむ思いでした。
佐藤慎一(b)のアルコソロの美しさも特筆です。

浜崎航(ts)と馬場智章ts)の2テナーで
Maiden Voyage


浜崎航(ts)の深い呼吸の圧倒的テナーソロは現在この世界の第一人者と納得させられます。
馬場智章(ts)のソロは、若さに溢れ、めくるめく跳躍し飛躍するテナーに驚愕!!


高橋徹(ds)のシンバルワークとスネアのショットに唸らされます。この曲には必須のドラミングの安定感とスリル溢れる展開が最高です。


Early Autumnで美しいハーモニーとそれぞれのソロの美しさを披露してコンサートは終了しました。



そして、聴衆の歓声に応えてアンコールは、三木俊雄(ts)がモンクの
Rhythm-a-Ningを吹き始めます。
4人の実力テナー奏者が渾身のソロを繰り広げます!!
モンク解釈には定評ある守屋純子(p)の予測を超えた圧倒的ピアノソロには息をのみました。
あっという間の2ステージでしたが、ベテランと中堅、売り出し中の若手が美事にからみあって、美しいハーモニーを奏で、それぞれ個性溢れるソロに十二分に堪能した感動の一夜でした。

2017年12月21日木曜日

加納奈美(as) duo!w/永武幹子(p)@新宿 Polkadots

2017年12月20日、新宿 Polkadots 加納奈美(as) duo!w/永武幹子(p)を聴いてきました。




現在ジャズシーンで引っ張りだこの女性奏者の魅力的な共演です。
さすがに会場は、満員でした。
演奏ナンバーは、覚えているものは、
カーラ・ブレイ作のSING ME SOFTLY OF THE BLUES
スタンダードのMY SHINING HOUR
ここでの両者の小節交換の聴かせる展開!
スヌーピーで有名なCHRISTMAS TIME IS HERE
スタンダードのI SHOULD CARE
アントニオカルロスジョビンの作品が1曲
Wayne Shorter作のANA MARIA




休憩をはさんで、セカンドステージは

スタンダードのLET IT SNOW
アントニオカルロスジョビン作の FALANDO DE AMOR
Charles Haden作のWALTZ FOR RUTH
Steve Swallow作のAmazing
スタンダードの I LOVE YOU
DukeEllington作のCome Sunday

加納奈美(as)のおおらかで自然体の演奏は素晴らしいものでした。
バラードナンバーでの清らかに歌い上げるソロ
ANA MARIAなどで永武幹子(p)と若さ全開で熱演し、鋭いフレーズを繰り出しても、そのスムースネスな音色は乱れません。


曲と演奏が加納奈美(as)のなかで一体化していると思いました。
なんとも魅力的な演奏です。


永武幹子(p)は、ドライブ感溢れる演奏も目を見張りますが、
バラードでは繊細なきらめくソロを繰り広げます。
かとおもうと、聴き手の意表をつく旋律線を繰り出したり、ミステリアスな感じのソロを見せたり,その表現力の広さに圧倒されます。




いろいろ関心どころ満載の楽しいライブでした。



2017年12月14日木曜日

坂野尚子(fl)ライブ@池袋INDEPENDENCE

2017年12月13日、池袋INDEPENDENCEで坂野尚子(fl)、塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)のライブに行ってきました。
このトリオもINDEPENDENCEのライブが3回目です。
それぞれの持ち味を理解し合って、一層三者三様の個性を発揮して音楽が深まります。






演奏曲目は、
While My Lady Sleeps
Michel Petrucciani作のChristmas Dreams
JOE HENDERSON作のInner Urge
Antonio Carlos Jobim作のThe Good Life
Portrait In Black And White
Thelonious Monk作のMonk's Dream
Michel Legrand作のWhat Are You Doing the Rest of Your Life?
アンコールは枯葉



フルートの坂野尚子は、塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)との三者のコラボの深まりでしょうか、一層自由に羽ばたいたソロを繰り広げます。フルートの優しい響きに加えて、アタック、切れ味も見せるフレーズを繰り出します。


カイドーユタカ(b)は、シーンで引っ張りだこの名手で、バックにソロに活躍します。今回は確実で柔軟なバッキングとともに思わず唸ってしまう美しく力強いソロも披露!!


塩川俊彦(g)もその繊細な演奏で、バッキングにソロに美事な演奏を繰り広げます。とくに味わい深いコードワークに、美しいソロに聞き惚れます。



Portrait In Black And Whiteでのアルトフルートの深い響きとメランコリーをたたえたソロ
塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)もそれぞれ素晴らしいソロを繰り広げます。

Take The Coltraneでは、これぞモダンジャズという三者が個性を発揮したソロ!!


            動画です


インプロのようなフルートソロから塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)もフリーなイントロから、きたーと言う感じでMonk's Dreamが始まります。
坂野尚子(fl)のアタックのきいた自在なフルートソロ
塩川俊彦(g)ディストーションきかせた鋭いソロ
それを支えるカイドーユタカ(b)の融通無碍なベース


そして、アルトフルートに持ち替えてWhat Are You Doing the Rest of Your Life?
このMichel Legrandの傑作は、その歌詞を味わうほど、これからの人生について考えさせられる美しい作品です。
坂野尚子(fl)は、テーマにソロにアルトフルートの深い音色を生かして美しい感慨深いソロを堪能させます。


               
                動画です。




塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)の曲を生かした繊細で柔軟なソロも素晴らしい。
まさに当夜のハイライトでした。
アンコールの枯葉で詰めかけたお客様大納得の一夜となりました。