2018年1月13日土曜日

高橋徹(ds)トリオwith 岡崎正典(ts)、中村健吾(b)@渋谷KOKO

2018年1月12日、高橋徹(ds)トリオwith 岡崎正典(ts)、中村健吾(b)@渋谷KOKOを聴いてきました。


3人の名手による最小限の編成ですが、じっくり名人芸を味わうのには最適な環境でした。


高橋徹(ds)のセンス溢れるドラミング、

岡崎正典(ts)の自信溢れるテナープレイ、


斯界を代表するベーシスト中村健吾(b)の圧巻のリズムと唸るソロを堪能しました。
演奏曲目は、ソニー・ロリンズのナンバーを中心に繰り広げられました。


トリオ編成でソニー・ロリンズのナンバーを演奏するというのはかなりチャレンジングなステージです。



岡崎正典(ts)は、ソニー・ロリンズへの深いリスペクトとともに、緩急自在の素晴らしいソロを繰り広げます。


リーダーの高橋徹(ds)のバッキングにソロにと、いつもながらの硬軟織り交ぜ、びしっと決まる安定した演奏。


中村健吾(b)のぐんぐん音楽を推進させるベースプレイ。
そしてどの曲でも目の覚めるようなソロを繰り広げて思わず唸らされます。

1ステージのナンバーは
Song for Leslie
I'll Remember April
Strode Rode(ソニー・ロリンズ作)
Ask Me Now(セロニアス・モンク作)
The Bridge (ソニー・ロリンズ作)





2ステージは
On green dolphin street
Recordame (Remember Me) (ジョー・ヘンダーソン作)   
The Freedom Suite(ソニー・ロリンズ作)
ソニー・ロリンズの大作であるThe Freedom Suitを取り上げたのは驚きでした。
これが、極めつきの演奏で、圧倒的な高橋徹(ds)のドラムに、中村健吾(b)の強力なベースラインにのって、岡崎正典(ts)の突き抜けたテナー演奏の豪快さ!!
これがトリオの演奏かと思わせられるプレイに圧倒された一夜でした。
また、このグループの演奏を聴きたいと痛感しました。

2017年12月30日土曜日

尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE@Bflat赤坂

2017年12月29日、尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE@Bflat赤坂を聴いてきました。
尾田悟さんが存命中は、20年近くにわたって続けてきた4テナーコンサートを、尾田悟夫人の思いに応えて、三木俊雄(ts)さんや守屋純子(p)さんなど初代メンバーや多くの音楽家、Bflat赤坂の関係者の皆さんのおかげで、今年、尾田悟没後2周年も開催して頂きました。


メンバーは、
三木俊雄(ts), 浜崎航(ts), 吉本章紘(ts), 馬場智章ts), 守屋純子(p), 佐藤慎一(b), 高橋徹(ds).



三木俊雄(ts)は、ご存知、フロントページオーケストラを率いて、バンドリーダー、作編曲家、ソロイストとして、今や日本を代表するテナー奏者、





浜崎航(ts)は、堀秀彰(p)とのグループ「Encounter」や浜崎航meets松本茜(p)trioなどで大活躍中!



吉本章紘(ts)は現在シーンで引っ張りだこで、片倉真由子group、広瀬未来 Group、本川悠平 "3Tenors"、Mamiko Taira Group、大西順子セクステット 等に参加し、大活躍中!



馬場智章ts)は、ニューヨークを拠点に活躍しながら、テレビ朝日系『報道ステーション』のテーマ演奏で話題のJ-SQUAD に参加し、現在シーンで引っ張りだこで、最注目の俊英テナー!!




守屋純子(p)は、ご存知、守屋純子オーケストラを長年にわたり率いて日本を代表するバンドリーダー・作編曲家にして素晴らしいピアニスト、



佐藤慎一(b)は、自己のバンド「leFreak」や小野リサ、守屋純子(p)、大野俊三、森山良子、綾戸智恵などと共演、ジャンルを超えて引っ張りだこのベーシスト、



おなじみのドラマー高橋徹(ds)は、大森明4、山田穣4、上村信4、南青山6丁目楽団、野口久和4のレギュラードラマーとして、中村誠一(ts)、吉岡秀晃(p)の共演者として大活躍中、

ファーストセットは
Crazy Rhythm、
Blue Than Blue
4人のテナーのハーモニーの美しさと力強いユニゾンとソリに唸らされます。
そこに、守屋純子(p)のピアノが全体を引き締め、色彩感を広げます。


佐藤慎一(b)のグループの土台を構築し、ソロではくっきりした音色で美事に歌うベースプレイ!!

高橋徹(ds)のいつもながらのセンスのいいドラミング、ソロではドラムが曲にあわせて歌い唸ります。

三木俊雄(ts)と馬場智章ts)の2テナーで
I Remember April

三木俊雄(ts)のもう完成したかと思わせる深い呼吸の美しいソロに唸らされます。
馬場智章ts)の若さ全開で、力強く、予測不能な展開のソロに驚愕。

浜崎航(ts)と吉本章紘(ts)の2テナーで
黒いオルフェ

浜崎航(ts)は、そのテナー世界を最近一層深めているようで、「Encounter」での圧倒的テクで迫るソロから、深く沈潜する美しいソロまで幅広い表現に圧倒されます。黒いオルフェでの息をのむ緊張感に溢れた美しいソロ!!
吉本章紘(ts)は、黒いオルフェをハードバップに仕上げる見本のような切れ味鋭く唸るテナーソロを披露!!

セカンドセットは
Bernie's Tuneから始まり
Lullaby In Rhythm、

三木俊雄(ts)と吉本章紘(ts)による
Body And Soul
ここでの三木俊雄(ts)と吉本章紘(ts)のそれぞれ個性溢れるバラード演奏には感動しました。


三木俊雄(ts)の感動的なソロは、ここまでくると、バラード演奏は三木俊雄(ts)という音楽家の深い音楽世界につつまれるようで、思わず涙腺が緩んできました。


吉本章紘(ts)の演奏には、モダンテナーのバラード演奏の魅力の総てを見せつけられるようでした。
守屋純子(p)の硬質なリリシズム溢れるピアノソロに息をのむ思いでした。
佐藤慎一(b)のアルコソロの美しさも特筆です。

浜崎航(ts)と馬場智章ts)の2テナーで
Maiden Voyage


浜崎航(ts)の深い呼吸の圧倒的テナーソロは現在この世界の第一人者と納得させられます。
馬場智章(ts)のソロは、若さに溢れ、めくるめく跳躍し飛躍するテナーに驚愕!!


高橋徹(ds)のシンバルワークとスネアのショットに唸らされます。この曲には必須のドラミングの安定感とスリル溢れる展開が最高です。


Early Autumnで美しいハーモニーとそれぞれのソロの美しさを披露してコンサートは終了しました。



そして、聴衆の歓声に応えてアンコールは、三木俊雄(ts)がモンクの
Rhythm-a-Ningを吹き始めます。
4人の実力テナー奏者が渾身のソロを繰り広げます!!
モンク解釈には定評ある守屋純子(p)の予測を超えた圧倒的ピアノソロには息をのみました。
あっという間の2ステージでしたが、ベテランと中堅、売り出し中の若手が美事にからみあって、美しいハーモニーを奏で、それぞれ個性溢れるソロに十二分に堪能した感動の一夜でした。

2017年12月21日木曜日

加納奈美(as) duo!w/永武幹子(p)@新宿 Polkadots

2017年12月20日、新宿 Polkadots 加納奈美(as) duo!w/永武幹子(p)を聴いてきました。




現在ジャズシーンで引っ張りだこの女性奏者の魅力的な共演です。
さすがに会場は、満員でした。
演奏ナンバーは、覚えているものは、
カーラ・ブレイ作のSING ME SOFTLY OF THE BLUES
スタンダードのMY SHINING HOUR
ここでの両者の小節交換の聴かせる展開!
スヌーピーで有名なCHRISTMAS TIME IS HERE
スタンダードのI SHOULD CARE
アントニオカルロスジョビンの作品が1曲
Wayne Shorter作のANA MARIA




休憩をはさんで、セカンドステージは

スタンダードのLET IT SNOW
アントニオカルロスジョビン作の FALANDO DE AMOR
Charles Haden作のWALTZ FOR RUTH
Steve Swallow作のAmazing
スタンダードの I LOVE YOU
DukeEllington作のCome Sunday

加納奈美(as)のおおらかで自然体の演奏は素晴らしいものでした。
バラードナンバーでの清らかに歌い上げるソロ
ANA MARIAなどで永武幹子(p)と若さ全開で熱演し、鋭いフレーズを繰り出しても、そのスムースネスな音色は乱れません。


曲と演奏が加納奈美(as)のなかで一体化していると思いました。
なんとも魅力的な演奏です。


永武幹子(p)は、ドライブ感溢れる演奏も目を見張りますが、
バラードでは繊細なきらめくソロを繰り広げます。
かとおもうと、聴き手の意表をつく旋律線を繰り出したり、ミステリアスな感じのソロを見せたり,その表現力の広さに圧倒されます。




いろいろ関心どころ満載の楽しいライブでした。



2017年12月14日木曜日

坂野尚子(fl)ライブ@池袋INDEPENDENCE

2017年12月13日、池袋INDEPENDENCEで坂野尚子(fl)、塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)のライブに行ってきました。
このトリオもINDEPENDENCEのライブが3回目です。
それぞれの持ち味を理解し合って、一層三者三様の個性を発揮して音楽が深まります。






演奏曲目は、
While My Lady Sleeps
Michel Petrucciani作のChristmas Dreams
JOE HENDERSON作のInner Urge
Antonio Carlos Jobim作のThe Good Life
Portrait In Black And White
Thelonious Monk作のMonk's Dream
Michel Legrand作のWhat Are You Doing the Rest of Your Life?
アンコールは枯葉



フルートの坂野尚子は、塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)との三者のコラボの深まりでしょうか、一層自由に羽ばたいたソロを繰り広げます。フルートの優しい響きに加えて、アタック、切れ味も見せるフレーズを繰り出します。


カイドーユタカ(b)は、シーンで引っ張りだこの名手で、バックにソロに活躍します。今回は確実で柔軟なバッキングとともに思わず唸ってしまう美しく力強いソロも披露!!


塩川俊彦(g)もその繊細な演奏で、バッキングにソロに美事な演奏を繰り広げます。とくに味わい深いコードワークに、美しいソロに聞き惚れます。



Portrait In Black And Whiteでのアルトフルートの深い響きとメランコリーをたたえたソロ
塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)もそれぞれ素晴らしいソロを繰り広げます。

Take The Coltraneでは、これぞモダンジャズという三者が個性を発揮したソロ!!


            動画です


インプロのようなフルートソロから塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)もフリーなイントロから、きたーと言う感じでMonk's Dreamが始まります。
坂野尚子(fl)のアタックのきいた自在なフルートソロ
塩川俊彦(g)ディストーションきかせた鋭いソロ
それを支えるカイドーユタカ(b)の融通無碍なベース


そして、アルトフルートに持ち替えてWhat Are You Doing the Rest of Your Life?
このMichel Legrandの傑作は、その歌詞を味わうほど、これからの人生について考えさせられる美しい作品です。
坂野尚子(fl)は、テーマにソロにアルトフルートの深い音色を生かして美しい感慨深いソロを堪能させます。


               
                動画です。




塩川俊彦(g)、カイドーユタカ(b)の曲を生かした繊細で柔軟なソロも素晴らしい。
まさに当夜のハイライトでした。
アンコールの枯葉で詰めかけたお客様大納得の一夜となりました。


2017年12月8日金曜日

尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVEが開催されます。

きたる12月29日金曜日、Bflat赤坂で
尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE/Satoru Oda & 2017 FAREWELL Live/

が開催されます。


 写真は昨年の模様


三木俊雄氏、守屋純子氏、Bflat赤坂さんなど関係者のみなさまのおかげで、今年も没後2周年の尾田悟さんの追悼コンサートが開催して頂けることになりました。
ありがとうございます。
会場 Bflat赤坂
FREE DRINK, charge:¥7,000./
三木俊雄(ts), 浜崎航(ts), 吉本章紘(ts), 馬場智章ts), 守屋純子(p), 佐藤慎一(b), 高橋徹(ds).

2017年10月25日水曜日

2013年10月 町田Nica'sの初代マスターの奥様の追悼メモリアルセッション


2013年10月2日に開催された町田Nica'sの初代マスターの奥様追悼のメモリアルセッションの写真です。
すぐに、公開するつもりでしたが、自分の大病での入院とMacの故障が同時にあり、データを無くしたと思ってあきらめていました。
最近、レスキューソフトで回復したデータの中に写真が生きていました。

日本を代表する音楽家の町田Nica'sでの貴重なドキュメントです。






当日は聴衆の数より、駆けつけた音楽家の方が多くて、店内に入りきれず、階段や階下で出演を待つようでした。 町田Nica'sの初代マスターと亡き奥様がいかに愛されていたが分かります。私も、いつも優しい奥様の笑顔が忘れられません。
最近ど忘れがひどくて、音楽家のお名前と顔が一致しない方がいらして失礼いたします。

なお、 町田Nica'sは初代マスターが引退されジャズ喫茶営業は終了しましたが、元岡一英(p)さんが引き継いで素晴らしい出演者によるライブ営業を継続されています。


セッションリーダーは、渡辺文男(ds)さん&植松孝夫(ts)さん、以下、ゆかりのミュージシャン多数登場。敬称略

 初代マスターの奥様の御遺影が掲げられました。

渡辺文男(ds)

植松孝夫(ts)

 
石田幹男(p)、松島啓之(tp)、峰厚介(ts)
高橋知己(ts)、植松孝夫(ts)

高橋徹(ds)、本山二郎(b)、元岡一英(p)

佐々木悌二(b)、植松孝夫(ts)

植松孝夫(ts)、佐々木悌二(b)



              仲田サリー(vo)



                  紙上理(b)

                    小林陽一(ds)
植松孝夫(ts)、本山二郎(b)、峰厚介(ts)

        

             渡辺文男(ds)、本山二郎(b)



          元岡一英(p)、ギタリスト、高橋知己(ts)

      レイモンド・マクモーリン(ts)、松島啓之(tp)、ギタリスト、高橋知己(ts)

   植松孝夫(ts)、高橋徹(ds)、レイモンド・マクモーリン(ts)、松島啓之(tp)

   レイモンド・マクモーリン(ts)、続木徹(p)、山田穣(as)、高橋知己(ts)

          松島啓之(tp)、山田穣(as)、高橋知己(ts)

      松島啓之(tp)、山田穣(as)、高橋知己(ts)、峰厚介(ts)

  レイモンド・マクモーリン(ts)、松島啓之(tp)、山田穣(as)、高橋知己(ts)

 吉田桂一(p)、植松孝夫(ts)、町田Nica'sの初代マスター、レイモンド・マクモーリン(ts)、高橋知己(ts)、山田穣(as)

吉田桂一(p)、渡辺文男(ds)、町田Nica'sの初代マスター、レイモンド・マクモーリン(ts)、高橋知己(ts)、山田穣(as)

         全員写しきれません